Platinum Life ~目黒・白金エリアに住む主婦の日常~

子育ての悩みや習い事、趣味のハンドメイド、お菓子作り、旅行のことなど。目黒・白金エリアでアイシングクッキー教室『Platinum Icing』をやっています。

娘の夏期講習に並走してクタクタに★夏休みおつかれさま

今週のお題「夏を振り返る」

 

9月になって数日が過ぎました。

小学生の娘と息子は2学期が始まり、元気に学校へ行っています。

 

しかし私は、夏の疲れがまだ癒えず、のんびりモード…。

毎年、2学期が始まるとホッしますが、今年はいつもの比ではありません。

早く学校始まれ~と強く願わない日はなかったくらい、今年の夏休みはしんどかった~。

 

しんどかった原因は、娘の塾の夏期講習。

夏休みに入った早々から始まり、4日間行って1日休み、4日間行って1日休み、4日間行ってお盆で数日休み、また4日間行くという、計16日間の夏期講習。

さらに、1週間空いて夏期講習全範囲のテスト。これにて終了です。この頃には夏休みも残り僅かになります。

 

娘は4年生。5、6年のお子様をお持ちの親御様からしたら、4年生の受験勉強なんてまだまだと思うかもしれませんが、私たち母子にとっては初めてのことなのでそれはもうてんてこまいです。

 

とは言え、塾に通うのは娘。私は何がそんなにしんどかったのかと言うと、小4の娘に復習をさせて、小テストの勉強を毎日毎日させることが本当に大変だったのです。

 

中学受験が、高校受験や大学受験と違うところは、やはり子ども自身の勉強への意識なのだと思います。

 

中学受験をすることは、娘とたくさん話し合って、本人の意思を確認してはいますが、いざ夏休みに入ってしまえば、小4女子はプールにも行きたいし、夜更かしもしたいし、ディズニーにも行きたいし、テレビも見たい。とにかく遊びたいのです。

 

ダメダメ言っても子どもの心が折れてしまいそうだし、だからといってやりたいことをすべてやらせてあげていたら、夏期講習についていけなくなってしまいます。

この加減が難しい。

 

塾がある日のスケジュールはこんな感じでした。

 

7:00 起床

   計算問題、漢字

8:00 朝ごはん、身支度

9:00 理科小テスト勉強、算数テキスト復習

11:30 昼ごはん

1:00~4:00 塾

5:00 理科テキスト復習、算数復習

7:00 夕ごはん&テレビ

8:00 お風呂

9:00 就寝

 

このスケジュールを毎日毎日続けていたら、つまらない夏休みに感じませんか。

塾に通っている子にとってはごく普通のスケジュールだと思いますが、小学4年生の夏休みにしてはとてもたくさん勉強をしています。

 

でも実際のところ、塾以外の家庭学習では、一人で集中している時間はごく僅か。

気付くとボーっとしてるか、本を読んでいるか、勉強以外のことをし出してしまいます。問題をダラダラと説いていたとしても、実際に集中して考えている時間ほんの少しだったりします。

 

そして、また厄介なのが弟の存在。姉にちょっかいを出しては姉の集中力を妨げてしまうのです。勉強中の姉は、たやすく弟の挑発にのり、勉強から離れようとするので、弟と姉を離しておくことも私の役割の一つ。

 

のんびりした性格の娘に、どうやったら効率良く、短い時間でやるべきことを終えられるか…。夏休みはこのことばかり考えていました。

 

この夏、特に力を入れたかった教科は算数。

娘は、完全に国語女子なので、4教科では算数が足を引っ張ることがしばしば。

(理社も良かったり悪かったりで安定はしていないけど、まだ4年なので様子を見ていこうかと…)

中学受験では算数を無視するわけにはいかないので、算数の勉強時間はこの夏絶対確保したかった一つです。

計算ミスだったり、解き方を理解していなかったり、点を落とす原因は様々ですが、娘のようなタイプはコツコツ問題を解いて積み重ねるしかありません。

4年生でも応用問題はなかなかの難問が出てきます。私も横で一緒に考えながら教えますが、もう何十年も勉強から離れていた頭には算数はとてもハード。普段使わないところの脳を使っている感じ。。。

 

そんな毎日を過ごした結果、8月末のテストでは、算数が一番良いという結果に!

ひとまず、ホッ。

 

そして、夏期講習がひと段落したあとに待っていたのは…、自由研究と読書感想文という比較的重めの学校の宿題。

 

今年ばかりは、塾が勉強が多過ぎて、「もっと早くやっておけばいいのに~」とも言えず、「本当に時間なかったもんね…」とお手伝い必須です。

 

自由研究は、星座について調べていました。神話を調べて冊子にまとめ、小さなプラネタリウムを作成。神話をまとめるところをちょこっとお手伝いしましたが、なかなか上手な出来栄えです。「時間もないし、もう少し簡単に作れは?」と思う私ですが、娘はディテールにこだわります。

 

もう一つは読書感想文です。読んだ本は『モモ』。

去年の様子を思い出すと、下書きで力尽きてしまう傾向にあるので、文章の組み立て部分を手伝いました。

 

計算ドリルや漢字練習はすでに終えていたので、これで学校の宿題も終了。8月31日午後11時です。笑

は~、長かった~。

 

ここで娘と約束していたことがありました。

8月31日午後9時までにすべて終わったら、9月1日(夏休み最終日)にディズニーシーに行くこと、です。

 

約束の時間は2時間過ぎているし、ディズニーに行くとしたら翌朝早いのにすでに夜11時だし…。

 でも、今後の週末のスケジュールを考えるとしばらくディズニーに行けそうもありません。

と言うことで、迷った挙句、夏休みのフィナーレはディズニーシーになりました。

 

めちゃ混みのディズニーシーで、朝から晩までアトラクションに乗りまくり、夏のショーでは水びたしに。みんな口々に「足が痛い~」と言いながらの帰路でしたが、娘は満面の笑み。

 

翌日、フラフラではありましたが元気に登校していました。始業式で半日だったのが幸いです。

この日は塾もあり、子どもの体力には驚くばかり。

ちょっと無理させたなぁという反省もありますが、娘が喜んでいたのでヨシとしようと思います。

 

そんなこんなで夏休みがやっと終わりました。

学校が始まって10日程経ちましたが、私はまだボーっとしています。

 

自分が小学生のときよりよっぽどしっかり勉強した夏休みだったなぁというのが率直な感想。

 

そして、来年の夏休みは、自由研究と読書感想文をどうにか早めに終えることを考えたいと思います…。

 

 お母様方、本当にお疲れさまでした!