Platinum Life ~目黒・白金エリアに住む主婦の日常~

子育ての悩みや習い事、趣味のハンドメイド、お菓子作り、旅行のことなど。目黒・白金エリアでアイシングクッキー教室『Platinum Icing』をやっています。

子どもの習い事何を選ぶ?★最適な習い事のバランスを考える

今日は子どもの習い事の話です。

 

我が家の下の子は、小学2年生。

現在は、ピアノ、公文、スイミング、ランニング教室と4つの習い事をしています。

 

習い事を4つというのは、多いのか、少ないのか、丁度よいのか。

 

それぞれの習い事に費やす時間の割合を10としてみると、意外にもピアノが8割を占めるでしょうか。

f:id:niyankichi:20200211090006j:plain

 

習い事は、習いに行った先でやれば良いものとそうでないものと、大きく分けると2種類あると思います。

(今回は、小学校低学年の習い事として、中学受験などの塾は別物とします)

 

周りのお友達の習い事を参考に分類してみると、

 

【習いに行った先でのみやるもの】

  • スイミング
  • バレエ
  • お絵かき
  • 空手
  • 習字

 

【家で練習や宿題をするもの】

  • ピアノ
  • ヴァイオリン
  • 英語
  • サッカー(好きでやっている子が多いですが)

 

子どもの可能性に期待して、幼稚園頃から始めたいくつかの習い事も、小学生になるとボリュームが増してくるので厳選せざるおえません。

子供の好みも加わって、この先も続けるものが明確になってきます。

 

そこで気になってくるのは、自宅でも練習や学習が必要かどうか。

 

我が家の弟のピアノは、確実に家でやっていかないといけない習い事の一つです。

毎日1時間半以上は練習しないと追いつきません。

なので、習い事の8割はピアノに費やしています。

※ピアノ教室によってことなりますし、個人差もあるのでご参考まで。

 

また、公文も毎日繰り返す学習なので、朝起きてから学校行くまでの間に、15~30分程度で終えたいところです。

 

自宅で練習は学習が必要なのはこの2つ。

小学校の宿題もあるので、自宅で時間を費やす習い事として、低学年の男子にはこのくらいが丁度よいように思います。

 

あとは、スイミングとランニング教室。

これらは、それそれの教室で行えばいい習い事なので特に問題ありません。

下の子は男の子なので、身体を動かす習い事は有り難いです。

 

現在のピアノ、公文、スイミング、ランニング教室の4つの習い事は、バランス良く回っているのかなという感じがしています。

 

1週間のうちに、お友達と公園遊びをする時間も取ることができるし、テレビやゲームの時間も多少は入れてあげられています。

 

しかし、この先、中学受験のための塾にいつ入れるのかという悩みが待っています。

ピアノと塾は同時に通わせることができるのかどうか…。

 

近所のサピックスは、2年生の入塾をとっくに締め切っています。

周りの子は塾をスタートしているということですから、ちょっとざわざわしてきます…。

一応、キャンセル待ちを入れてみましたが、だいたい130番とのこと。(’←現在入塾している2年生の8割程度が辞めないと入れないということです。笑 入れるわけないか…)

 

下の子の塾はまだ先でいいので、取りあえず落ち着こう。

 

習い事の切り替えや辞め時は難しいですが、それについてはまたの機会にしたいと思います。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。