Platinum Life ~目黒・白金エリアに住む主婦の日常~

子育ての悩みや習い事、趣味のハンドメイド、お菓子作り、旅行のことなど。目黒・白金エリアでアイシングクッキー教室『Platinum Icing』をやっています。

グルテンフリーを目指して★美味しい米粉パンを試行錯誤

 

これまで幾度となく米粉を使ったパンやお菓子に挑戦してはみたけれど、残念ながら、小麦粉を使って作ったものを超える美味しさになったことがありません。

 

f:id:niyankichi:20191023003351j:plain


失敗する原因は、小麦粉と同じように米粉を扱うのがいけないようです。

確かに、触った感じはそれぞれ全く違います。

 

米粉は扱いが難しいなぁと思っているなか、『未来世紀ジパング』で今注目の米粉を紹介していました。

主人が録画してそのままにしていた4月放送のものですが、米粉パンについて特集していたから消さないでおいてくれたと。

 

番組を見てみると、小麦粉と同じように家でパンが焼ける米粉と紹介していました。

これはスルーできません。

f:id:niyankichi:20191023005215j:plain

小城製粉の米粉パン専用粉です。

原材料を見てみると、うるち米もち米

特殊な配合がされているのかしら。。。

袋を開けるとお煎餅のような香りがします。なんだかわくわく。

 

早速、期待を込めて自分レシピで手ごねパンを作ってみました。

f:id:niyankichi:20191023013837j:plain

 

これは一次発酵を終えたところですが、良い感じです。

小麦粉と違って、だいぶベタベタと手にくっついてしまうので、まとめるのがなかなか難しい。

f:id:niyankichi:20191023014154j:plain

 

どうにか型に入れて、あとは焼くだけです。

 

f:id:niyankichi:20191023014327j:plain

焼けましたー。

さて、どんなお味かな♪ 米粉パンは置いたほうが美味しいので少々待ちます。

そしてカット&試食。

 

…チーン。

歯にくっついてくるし、触感、味もイマイチ。

 

小4娘は、「食べられなくはないけど…」

正直です。

 

小城製粉の米粉ならではのレシピじゃないとダメなのかな?とネット検索。

そして出てきたのがこのような分量でした。

 

 米粉パン専用粉 300g

 砂糖 18g

 食塩 6g

 ドライイースト 6g

 バター 8g

 生クリーム 40g

 水 約200ml

 

初めに作ったレシピとは少し違うけど、大きく違うのは火力と焼き時間のように思います。もしかして、それはポイントかな。。。

 

後日、分量通りに作ったパンはこちら。

f:id:niyankichi:20191023013002j:plain

 

かなり美味しさがアップしました♪ しかし、まだまだ納得いきません。

う~ん、難しいな。

 

焼きが足りないのか、もち米が入っているため、カットするとナイフにくっついていきてだんだんボロボロ崩れてきてしまいます。

 

我が家のヘルシオは、ちょっと火力が弱い感じがお菓子を焼いていても思うので、今回も火力が大きく影響している気がします。

 

小城製粉さんが提供しているレシピは、ネットから探すことはできますが、ちょっとした水加減、こね加減、オーブンの火力、温度、湿度なども影響してきますので、絶品の米粉パンができるまではまだ時間がかかりそうです。

 

小麦粉より美味しい米粉パンを作るために、まだまだ試行錯誤は続きます。