Platinum Life ~目黒・白金エリアに住む主婦の日常~

子育ての悩みや習い事、趣味のハンドメイド、お菓子作り、旅行のことなど。目黒・白金エリアでアイシングクッキー教室『Platinum Icing』をやっています。

卒園式・入学式に最適★フォーマルカチューシャをハンドメイド

2月、3月になると「子どものカチューシャを作ってほしい」と言われることがあります。幼稚園の卒園式や入学式用に、普段使いではないカチューシャが必要になる時期ですね。

 

ヘアアクセサリー作りは趣味なので作りたいときに作る程度なのですが、ママ友から多数ご依頼をいただき、これまでに10本以上作ったこちらのカチューシャの作り方を今回はご紹介したいと思います!

 

f:id:niyankichi:20190304132808j:plain


【材料】

  • カチューシャの芯
  • リボン 25mm幅 1~1.5メートル程度(飾りの量で変わります)
  • 仕上げテープ(↑写真黒い部分。なければそのままで)

 

【使用するもの】

 針と糸、ハサミ、大きめの定規、手芸用両面テープ、グルーガン

f:id:niyankichi:20190304132834j:plain

 

【作り方】

★飾りパーツを作ります

1、飾りパーツのリボンをカットする

  ・9cm … 9枚

  ・13cm … 1枚

  ・4.5㎝ … 1枚

 

2、カットしたリボンの切れ端をライターであぶる(ほつれ防止)

 

3、9cmのリボンを半分に折る。折ったリボンの切れ端側を持ち、切れ端部分を半分に折り、さらに両サイドを反対側に折り返して指で押さえる(ギャザーを寄せたようになります)

 

4、切れ端から5mm程度のところを串刺しのように縫い留める。同様に9個行う

 

★リボンを作ります

5、13cmのリボンの両サイドを、中心に向かって0.5~0.7㎝程度重ねて折る。重なった部分を押さえながら、重なりが見えるように中心を横に折り、両サイドを反対側に折り返し指で押さえる

 

6、先ほどと同様にリボンの中心を串刺しのように縫い留める。

 

7、4.5㎝のリボンの裏側に両面テープを貼り、巻き終わりが裏になるように5の中心に巻き付ける

 

f:id:niyankichi:20190304133535j:plain

 

★カチューシャの芯にリボンを巻く

8、リボンの裏側に両面テープを張り、芯の片側にリボンをあて、0.3㎝程度重ねながら巻き進める。最後は適当にカットする

※両面テープは一気に剥がさずに少しずつ剥がしてください。

※芯がリボンに隙間から見えないように注意。

※芯は一定の太さではないので、調節しながら巻き進めてください。巻き終わりの重なりが多くなる場合があります。

 

カチューシャの芯にリボンを巻く作業は、慣れていないと難しいので、両面テープを付けずに巻く練習をしてみるといいですよ♪

 

9、(あれば)仕上げテープを貼る

 

グルーガンで芯に飾りを付ける

10、9つのパーツを上から順番に配置します。飾りを左右どちらに付けるかはお好みで! 1つ目のパーツをカチューシャの左(右)上に真っすぐの向きで付ける。以下は右と左に交互に傾けて付ける

※パーツの縫い留めたところを隠すように配置すると奇麗な仕上がりになります。

 

11、9つのパーツの最後にリボンを付ければ完成

 

 

この時期のご依頼は、紺や黒のカチューシャが多いですが、ベージュやグレーもお洋服に合わせやすくて重宝します。

f:id:niyankichi:20190304143349j:plain



今回は、サテン生地のリボンを使いましたが、グログランにしたり、色を混ぜて飾りの配置を変えてみたりしても可愛いです。

 

f:id:niyankichi:20190304143904j:plain

 

せひ作ってみてくださいね~♪