Platinum Life ~目黒・白金エリアに住む主婦の日常~

子育ての悩みや習い事、趣味のハンドメイド、お菓子作り、旅行のことなど。目黒・白金エリアでアイシングクッキー教室『Platinum Icing』をやっています。

米粉で作るフォトジェニックなカップケーキ★バタークリームでデコレーション

アイシングクッキーのお教室をやっているので、クッキーを焼いたり、ロイヤルアイシングクリームを作ったりするのはルーティンワーク。その作業は淡々としています。

 

でも、レッスンでお出しするお茶菓子としての、パウンドケーキやカップケーキなどを焼くこともしばしば。

焼きっぱなしのシンプルなケーキが好みですが、生徒さんにお出しするとなると、見栄えも気にしたりして…。

 

そんななか、私のアイシングの先生でもある方のところで、ミニカップケーキのレッスンがあったので参加してきました。

f:id:niyankichi:20190223070500j:plain

 

米粉のミニカップケーキとバタークリームのデコレーション♪

この言葉だけでもテンション上がります。

 

米粉で作るお菓子はまだ挑戦したことがなくて、未知な領域でしたが小麦粉より扱いやすいかもしれません。

ふるいにかける作業がいらず、手間がはぶけます。

グルテンフリーという視点からも良いですよね。

 

今回は、ミニサイズのカップケーキということもあり、材料を混ぜてオーブンに入れるまでが、オーブンの予熱を待つ時間程度でできてしまいました。素敵~♪

ささっと用意してオーブンに入れてしまえば、次の作業に移ることができてとても効率的です。 

 

カップケーキをオーブンに入れたら、バタークリームを作ります。

室温のバターに粉糖を入れて白っぽくなるまで混ぜます。

室温に戻した牛乳で硬さを調節。後ほど4種類の花を絞るので緩すぎないように注意しながら調整します。

 

程よい硬さに調整したバタークリームを、お好みのカラーで着色すれば完成です。

アイシングクッキーよりずっと簡単に用意できました。

 

先ほどオーブンに入れたカップケーキは、クリームを作っている間に焼き上がり、粗熱も取れている状態に。

作業が流れるように進められるのも「また作ろう」と思える理由のひとつ。

 

レッスンでは、4種類のお花を3つずつ、合計12個のカップケーキを作りました。

お花絞りはアイシングでもやりますが、この作業とても好き♥

一つ一つ丁寧にご指導いただき、可愛らしいお花が並ぶ12個のカップケーキが完成しました。

とても春っぽい。思っていた以上に可愛い!可愛過ぎます。

 

f:id:niyankichi:20190223070904j:plain


 今日のおやつはカップケーキ。

小学校から帰宅した子ども達。やはり小1弟よりも小3姉のほうが目をキラキラさせていました。

この反応があるから、また作りたくなります♪

 

姉はパクッと一口、「おいしい~♥」。

弟は「おいしいけど甘い」。

 

弟は、バタークリームなしのカップケーキのみのほうがお好みのようです。

アイシングクッキーも甘いけど、姉より弟のほうがよく食べるのに不思議です。

 

 

バタークリームが柔らかいので、持ち歩くにはカップケーキ部分を固定できるタッパーや専用ケースが必要です。

OPP袋の底を広げて個々にラッピングしてみたところ、すぐに渡せるプチプレゼントはギリギリセーフでした。

持ち歩き時間が長いとOPP袋の中で転がってしまい、せっかく絞ったお花が潰れてしまい残念なことに…。

f:id:niyankichi:20190223071136j:plain



アイシングクッキーもそうですが、「可愛くて食べられない」という声をよくいただきます。

でも、お菓子なのだから美味しいうちに食べてほしいので、目で楽しみつつお味も堪能していただくのが一番の喜びです♪

 

米粉カップケーキ&バタークリームのデコレーション、はまりそうです。

 

次回のアイシングクッキーのレッスンのお茶菓子はこれで決まり♪