Platinum Life ~目黒・白金エリアに住む主婦の日常~

子育ての悩みや習い事、趣味のハンドメイド、お菓子作り、旅行のことなど。目黒・白金エリアでアイシングクッキー教室『Platinum Icing』をやっています。

娘の夏期講習に並走してクタクタに★夏休みおつかれさま

今週のお題「夏を振り返る」

 

9月になって数日が過ぎました。

小学生の娘と息子は2学期が始まり、元気に学校へ行っています。

 

しかし私は、夏の疲れがまだ癒えず、のんびりモード…。

毎年、2学期が始まるとホッしますが、今年はいつもの比ではありません。

早く学校始まれ~と強く願わない日はなかったくらい、今年の夏休みはしんどかった~。

 

しんどかった原因は、娘の塾の夏期講習。

夏休みに入った早々から始まり、4日間行って1日休み、4日間行って1日休み、4日間行ってお盆で数日休み、また4日間行くという、計16日間の夏期講習。

さらに、1週間空いて夏期講習全範囲のテスト。これにて終了です。この頃には夏休みも残り僅かになります。

 

娘は4年生。5、6年のお子様をお持ちの親御様からしたら、4年生の受験勉強なんてまだまだと思うかもしれませんが、私たち母子にとっては初めてのことなのでそれはもうてんてこまいです。

 

とは言え、塾に通うのは娘。私は何がそんなにしんどかったのかと言うと、小4の娘に復習をさせて、小テストの勉強を毎日毎日させることが本当に大変だったのです。

 

中学受験が、高校受験や大学受験と違うところは、やはり子ども自身の勉強への意識なのだと思います。

 

中学受験をすることは、娘とたくさん話し合って、本人の意思を確認してはいますが、いざ夏休みに入ってしまえば、小4女子はプールにも行きたいし、夜更かしもしたいし、ディズニーにも行きたいし、テレビも見たい。とにかく遊びたいのです。

 

ダメダメ言っても子どもの心が折れてしまいそうだし、だからといってやりたいことをすべてやらせてあげていたら、夏期講習についていけなくなってしまいます。

この加減が難しい。

 

塾がある日のスケジュールはこんな感じでした。

 

7:00 起床

   計算問題、漢字

8:00 朝ごはん、身支度

9:00 理科小テスト勉強、算数テキスト復習

11:30 昼ごはん

1:00~4:00 塾

5:00 理科テキスト復習、算数復習

7:00 夕ごはん&テレビ

8:00 お風呂

9:00 就寝

 

このスケジュールを毎日毎日続けていたら、つまらない夏休みに感じませんか。

塾に通っている子にとってはごく普通のスケジュールだと思いますが、小学4年生の夏休みにしてはとてもたくさん勉強をしています。

 

でも実際のところ、塾以外の家庭学習では、一人で集中している時間はごく僅か。

気付くとボーっとしてるか、本を読んでいるか、勉強以外のことをし出してしまいます。問題をダラダラと説いていたとしても、実際に集中して考えている時間ほんの少しだったりします。

 

そして、また厄介なのが弟の存在。姉にちょっかいを出しては姉の集中力を妨げてしまうのです。勉強中の姉は、たやすく弟の挑発にのり、勉強から離れようとするので、弟と姉を離しておくことも私の役割の一つ。

 

のんびりした性格の娘に、どうやったら効率良く、短い時間でやるべきことを終えられるか…。夏休みはこのことばかり考えていました。

 

この夏、特に力を入れたかった教科は算数。

娘は、完全に国語女子なので、4教科では算数が足を引っ張ることがしばしば。

(理社も良かったり悪かったりで安定はしていないけど、まだ4年なので様子を見ていこうかと…)

中学受験では算数を無視するわけにはいかないので、算数の勉強時間はこの夏絶対確保したかった一つです。

計算ミスだったり、解き方を理解していなかったり、点を落とす原因は様々ですが、娘のようなタイプはコツコツ問題を解いて積み重ねるしかありません。

4年生でも応用問題はなかなかの難問が出てきます。私も横で一緒に考えながら教えますが、もう何十年も勉強から離れていた頭には算数はとてもハード。普段使わないところの脳を使っている感じ。。。

 

そんな毎日を過ごした結果、8月末のテストでは、算数が一番良いという結果に!

ひとまず、ホッ。

 

そして、夏期講習がひと段落したあとに待っていたのは…、自由研究と読書感想文という比較的重めの学校の宿題。

 

今年ばかりは、塾が勉強が多過ぎて、「もっと早くやっておけばいいのに~」とも言えず、「本当に時間なかったもんね…」とお手伝い必須です。

 

自由研究は、星座について調べていました。神話を調べて冊子にまとめ、小さなプラネタリウムを作成。神話をまとめるところをちょこっとお手伝いしましたが、なかなか上手な出来栄えです。「時間もないし、もう少し簡単に作れは?」と思う私ですが、娘はディテールにこだわります。

 

もう一つは読書感想文です。読んだ本は『モモ』。

去年の様子を思い出すと、下書きで力尽きてしまう傾向にあるので、文章の組み立て部分を手伝いました。

 

計算ドリルや漢字練習はすでに終えていたので、これで学校の宿題も終了。8月31日午後11時です。笑

は~、長かった~。

 

ここで娘と約束していたことがありました。

8月31日午後9時までにすべて終わったら、9月1日(夏休み最終日)にディズニーシーに行くこと、です。

 

約束の時間は2時間過ぎているし、ディズニーに行くとしたら翌朝早いのにすでに夜11時だし…。

 でも、今後の週末のスケジュールを考えるとしばらくディズニーに行けそうもありません。

と言うことで、迷った挙句、夏休みのフィナーレはディズニーシーになりました。

 

めちゃ混みのディズニーシーで、朝から晩までアトラクションに乗りまくり、夏のショーでは水びたしに。みんな口々に「足が痛い~」と言いながらの帰路でしたが、娘は満面の笑み。

 

翌日、フラフラではありましたが元気に登校していました。始業式で半日だったのが幸いです。

この日は塾もあり、子どもの体力には驚くばかり。

ちょっと無理させたなぁという反省もありますが、娘が喜んでいたのでヨシとしようと思います。

 

そんなこんなで夏休みがやっと終わりました。

学校が始まって10日程経ちましたが、私はまだボーっとしています。

 

自分が小学生のときよりよっぽどしっかり勉強した夏休みだったなぁというのが率直な感想。

 

そして、来年の夏休みは、自由研究と読書感想文をどうにか早めに終えることを考えたいと思います…。

 

 お母様方、本当にお疲れさまでした!

 

コンテストの結果は如何に?★小2息子アンサンブルコンサート出場

先日行われたヤマハのアンサンブルコンサート。

小2息子のクラスは、コンテスト部門で出場しました。


f:id:niyankichi:20190714113554j:image

 

アンサンブル部門では、主に小学生が出場しますが、ソロ部門には中学生や大人の方まで出るので、皆さん素晴らしいエレクトーンの腕前を披露されます。

 

息子達小学2年生は、出場者の中でも最年少。

素早い指の動きで、流れるように演奏する高学年のお兄様お姉様方のなかで、果たしてどこまで食い込んで行けるのか!?

 

とにかく、ミスしませんように~!

グループ9名の母は固唾を飲んで見守ります。

そして、いざ演奏スタート。

 

2年生にしては早いテンポの曲。

弾けなければ、「小さい子達に難しい曲を与えて無理しちゃって…」という先生に悪い評価がついてしまいます。

それを承知で、このグループならできると判断して与えてくださった先生の期待に応えたい!

(この2ヶ月、先生がすんごい恐くて辞めたいとさえ思ったけど…)

 

イントロが大事と言われ続けて練習しましたが、イントロはバッチリ合っていました。

音符を追って弾くだけではなく、リズムにのって体を揺らし、笑顔も絶やさずというご指導をたっぷり受けた9人は、本番でも笑顔で躍りながら弾いています。

ド緊張しているであろうに、頑張ってる~!

 

そして、中盤の見せ場のソロ演奏。

グループのエース4名が順番に各パートを披露します。

(我が子は、ソロ演奏はいただけず…笑)

 

もう母達は微動だにしません。

ここまで来ると、「うちの子」という感覚はなくなり、全員の母が、子供達みんなを見守ります。

 

エース4名のソロ演奏は完璧でした!

 

このあとの最後の盛り上がりは、音符の量が多く指の動きが早くなります。

アンサンブルは全員が一体になって、ぴったり合った演奏が求められるので、早くてもみんなが合わないと意味がありません。

 

スピードが増すほどに、音はずれますが、それを何度も何度も練習して修正してきた我が子達。

最後も決めてくれました!

 

音は見事に重なり、申し分のない演奏でした。

母達の目には涙が光っています。

 

は~、終わった~。

 

音楽オンチの私には、もちろん完璧に聞こえたけど、他のお母様方に聞いても、「ずれなかったと思うけど、自分も気持ちが高ぶってて分からない」と口々におっしゃっていました。

 

精一杯の力を発揮できた子供達の演奏は素晴らしいものでした。

我が息子の任務である最後の挨拶「気をつけ、礼!」。

これが一番緊張してたかな? 笑

 

演奏直後のみんなの笑顔が印象的でした。やりきった満足げな顔。ひとまわり大きく成長したね!

 

…と、ここまてで感無量でしたが、すべての演奏を聴き終えたら各賞の発表があります。

 

コンテスト部門では、我が子達の演奏のあと、上の学年のグループが次々と見事な演奏をしていました。

バカ耳の私にはすべて上手に聴こえます~。涙

 

頑張ったから何か賞を取らせてあげたいと思いますが、先生から「小さい子だから、という考慮は全然ないからね~」と聞かされていたのて、両手を握って祈るばかり。

 

審査員賞、○○番。

銀賞、○番、○番、○番。

 

順番に発表されますが、呼ばれません。

残すは金賞。でも、金賞? 金賞は無理なんじゃ…。う~ん…。

 

金賞は、★番!!    ←きゃー!息子のグループが呼ばれました!!

 

やりました~! なんと金賞!!

 

子供達、大喜び。 母達、号泣。

 

息子:「一番なの? ねえ、一番になったの?」

私:「そうだよ!一番、上手に弾けたってことだよ!」

 

ということで、2ヶ月の過酷な練習を経て、見事に金賞をいただくことができたのです。

やったー!!


f:id:niyankichi:20190714113640j:image

そして、直後に知った事実。

金賞を取ったグループは12月に開催される地区ファイナルに進むらしいです。がーん!

 

過酷な練習はまだ続くのね…。

しかも、先生は「次回は強者の集まりだから、それに太刀打ちできるようにまた編曲する」と。

先生ドSです。コワイです。

12月まで生き残れるか…。

 

今までもピアノできる母に頼りきりでしたが、今まで以上に頼って、なんとか生き抜こうと思います。

(衣装のバージョンアップは頑張りま~す)

 

カヌレ・シュークリーム…★恵比寿の洋菓子店『ショコラパパノエル』

今日は、恵比寿にある小さな洋菓子屋さんのお話です。

 

毎月、第2、4週目の木金に営業している『Chocolatpapanoel(ショコラパパノエル)』。

恵比寿ガーデンプレイスから5分程の住宅街にあります。

 

マフィンやスコーンが食べたくて、オープンの日にはつい足が向いてしまいますが、お菓子がどれも美味しそうなので、目的のものとは違うものも大量に買ってしまいます。

 

先日6月27日(木)にお店にうかがったときは、上半期最終営業日の木曜日と金曜日だったこともあり、お昼過ぎにも関わらず、すでに品薄状態に。

 

7月と8月は夏期休暇だそうです。

しばらく、Chocolatpapanoelのお菓子が食べられなくなるとあって、いつもより急ピッチで商品が売れてしまっているようです。

 

それでも、まだ魅力的なお菓子があったので、私がチョイスしたものをご紹介します♪

 

まずは、飴色タマネギのマフィン。

f:id:niyankichi:20190702085658j:plain

袋を開いた途端にタマネギの香りがぷ~ん。

食欲をそそります。

黒こしょうが効いた大人味のマフィン。子ども達が学校に行っている間に一人でいただいちゃいました。

 

f:id:niyankichi:20190702091356j:plain

続いてシュークリーム。

シュー皮がサクサクで、こちらもかなり美味しい♪

子どものおやつに買ったけど、いつも「ママにも一口ちょうだい」と言ってしまいます。

 

今回判明したのですが、小2弟はシュークリームがあまり好きではないという…。

でも、カヌレは好きらしい。

f:id:niyankichi:20190702091836j:plain

こちらのカヌレ、表面パリッパリ!

周りも底も中身も全部美味でございます。これまた「ママにも一口ちょうだい」。

 

こうやって、いろいろ買ってきてちょこっと食べするのが大好き~♪

f:id:niyankichi:20190702092428j:plain

お次は、半熟チーズケーキ。

チーズケーキには目がないので、これもつい買ってしまうお菓子の一つです。

半熟と言うくらいですから、中はトロトロフワフワで、お口に入れると溶けてなくなってしまうような食感です。

 

 

『Chocolatpapanoel』のお菓子のご紹介はまだまだ続きますよ~。

 

 

さすがに食べ過ぎでは?と思われるかもしれませんが、日持ちするものは日にちを分けていただいているのでご安心を。

 

 

f:id:niyankichi:20190702093055j:plain

こちらは、ルバーブジャムのヴィクトリアサンドイッチケーキ。

恵比寿で採れたルバーブを使って作られたそうです。ルバーブは赤い色をしているイメージですが、今回はグリーンルバーブを使用したとのこと。

甘酸っぱいルバーブジャムとバタークリームがベストマッチ♪

 

 

f:id:niyankichi:20190702093650j:plain

そして最後は、抹茶と大納言のパウンドケーキ&ヘーゼルナッツのフィナンシェ。

週末に実家に行く予定があったので、手土産用に購入。

 

週末、実家には両親をはじめ、姉や姪っ子も遊びにきていたので、みんなに仲良くお菓子をいただきました。

 

もちろんここでもパウンドケーキとフィナンシェを一口パクリ。

抹茶と大納言のパウンドケーキは、しっとりしていながらもホロリとほどけてくる食感。

ヘーゼルナッツのフィナンシェは、ヘーゼルナッツの香りが口いっぱいに広がり幸せな気持ちになりました~。

 

みんなもとても喜んでくれました。豊かな時間を共有できてよかったな~と思います。

 

 

次回、『Chocolatpapanoel』のお菓子に会えるのは秋になる頃…。

 

今回たっぷり味わった分、夏の間にホットヨガにせっせと通って身体を動かしておきます!!

 

ヤマハアンサンブルコンサート直前★ステージ衣装小物をハンドメイド

小学2年生の息子が通っているヤマハの専門コース。

7月に開催されるアンサンブルコンサートに向けて、日々練習に励んでいます。

 

専門コースは親のフォローも大きく、私のようなピアノの知識が乏しい者にとっては、付いていくのもやっと…、いや付いていけてもいない状態で在席しているわけですが、息子のクラスの先生は、特に辛口のため、練習か不十分な生徒に対して容赦のないお言葉が飛んできて、本人より親のほうが傷を負ってしまうわけです。

この話を書くと長くなりそうなのでまたの機会に…。

 

そう! アンサンブルコンサート!

とても楽しいイベントに感じますが、我が息子のクラスが出場する部門は、楽しい楽しい発表会とはいかず、もちろん順位を競うコンクール。 

個人のコンクールなら個人が頑張ればよいですが、今回のようなグループで出場する場合、上手な子の足を引っ張らず、アンサンブルを乱さないようにひたすら練習するとあって、いつもの緊張感をはるかに上回る緊迫感でいっぱい。

毎回ビビりながらレッスンに参加しています。

 

姉の塾勉強のフォローをおろそかにしてしまうほど、今はアンサンブルに集中、集中。

定期テストや実力テストが連続して予定されているのに、勉強を本人に任せきりなのは気になってはいるけど手が回りません…。

 

コンクールで弾く曲は、先生がアレンジしてくださったスピードのある曲。

なので、遅れないように!タイミングを外さないように!

弾き始めたレッスンでは、「へたくそっ!」の言葉が連発されていました。

子ども達の心がよく折れないなぁと感心してしまいます。

上手く弾きたい!他のグループに勝ちたい!という気持ちが強いのでしょうか。

我が息子に関しては、「グループで弾くのか好き」その思いのみでやっているようですが。

 

子ども達が練習を頑張る傍らで、母達は当日の衣装についてあれこれ考えます。

アンサンブルコンサートは、通常の発表会やコンクールと違いフォーマルではなく、ステージショーといったキラキラ華やかな舞台衣装を着用します。

 

インターネットで「ステージ 衣装 キッズ」と検索すると、たくさんの衣装は表示されるのですね~。

 

息子のクラスは、女の子5名、男の子4名の全部で9人。

 他のグループと衣装が重ならないように、女の子はシンプルな赤いラメの衣装をチョイス。

男の子は、女の子に合わせて赤いラメをポイント使いしたシルバーの衣装にしました。

 

さらに、帽子を追加購入したので、できあいの衣装ではないアレンジが加わり、なかなかのステージ衣装になったのではなかなと思います。

 

でも、なんか女の子の衣装に華やかさが足りない…。

先生からも「いろいろ盛ってあげてください」と言われているし…。

 

ステージでは、エレクトーンやピアノを弾くため、子ども達は左右斜めから見ることになります。

そこで、左右どちらにも付けられるコサージュを作ってみました。

 

赤い羽根を追加購入し、あとは家にある材料でコサージュっぽく、華やかに、華やかに。

 

そして、急遽完成したのでこちら。

 

f:id:niyankichi:20190629055807j:plain

 

 羽ってすごいです!! ラメってすご~い!!

使うだけで一気にステージ衣装に大変身します。いや~。キラキラマジック。

 

 

余談ですが、

今回の「コサージュを作ってみましょうか…」との私の提案。ハンドメイドが好きなので何の気なしに口走ったのですが、お裁縫を一切やらない方にとっては、とてつもない恐怖心があったようです。 笑

 

それぞれに作ってもらったほうが手早いと思ったのですが、お裁縫をやらない方にとっては、お裁縫箱を開けて針と糸を出すこともおっくうなのだなと理解しました。

 

ということで、女の子分のコサージュはまとめて作り、ひとまず衣装は完成。

 

アンサンブルコンサートまであと数日となりました。

来週は週3レッスンが入っています。同じ日に姉の塾の実力テストがあります。大丈夫かな…。

 

とにかく忙しい一週間になると思いますが、できる限りフォローしたいと思います。

(姉の勉強も) 

 

息子よ、ガンバレ!

そして、娘もテストガンバレ!

 母は精一杯応援してるよ~!

 

目黒・白金エリアのアイシングクッキー教室★7月レッスン

気付けば6月ももう終わろうとしています。

子ども達の夏休みが始まる前に、レッスンをしなければ!

 

と言うことで、7月のアイシングクッキーレッスンのご案内です!!

 

7月は2パターンのデザインをご用意しましたので、お好みのデザインをお選びください♪

 

 

 

★一つ目のデザインテーマは『シンデレラ』

シンデレラのデザインでレッスンをやりたいなぁと思いつつ、なかなか準備できなかったのですが、やっとできました。

 

f:id:niyankichi:20190626232828j:plain

 

レッスンでは、レース模様の書き方、パーツを別に作って乗せる方法、ステンシルなどを行っていきます。

 

【開催日時】

日にち:7月4日(木) 満席になりました。

               17日(水) 

               18日(木)

時間:10:00~13:00

 

【レッスン料】

4500円

 

【最寄駅】

目黒

 

 

★二つ目のデザインテーマは『野球』

男の子向けのデザインをあまりやっていなかったので、7月は野球をテーマにご用意してみました。

 

f:id:niyankichi:20190626233316j:plain

 

レッスンでは、クッキーのベース塗り、パイピングの文字・模様の描き方など、アイシングの基本的な作り方を行います。

初心者の方でも楽しく作業できる内容になっていますので、ぜひお気軽にご参加ください♪

 

【開催日時】

日にち:7月10日(木)

      11日(金) 満席になりました。

時間:10:00~13:00

 

【レッスン料】

4500円

 

【最寄駅】

目黒 

 

 

◆お教室情報◆

女性限定、4名様までの少人数制でレッスンを行います。レッスンは、目黒駅から徒歩3分の自宅マンションにある集会室にて。アクセスバッチリ!

駐車場のご用意はありませんのでご了承ください。

 

レッスン参加ご希望の方は、当ブログ『お問い合わせ』よりご連絡ください。

 ぜひお待ちしております♪

中学受験勉強中の少4娘★勉強ばかりの毎日だけど楽しいこともさせてあげたい

娘は現在、小学4年生。中学校受験のいわゆるかけ出しの受験生です。

 

進学塾に通い始めたのは2年生の3月…。

試しに受けてみた入塾テストの結果があまりに悪く、危機感から焦って入塾させてしまいましたが、今思うと、そこは焦るところではなかったかなと。

 

現在、4年になり、塾に慣れてはきたものの、3年生の頃とは比較にならない勉強量になりました(5、6年生に比べたら、たいしたことはないのだと思いますが…)。

 

勉強量が増えた理由の一つは、算数、国語の他に理科、社会が加わったこと。

通塾は週1から週2になり、毎回行われる小テストが宿題をやったかの判断材料になるという、宿題をやらずにはいられない状況がそこにあります。

 

毎週の少テストに毎月の組み分けテスト。

点数や偏差値がバッチリ出てしまうとあって、親が一喜一憂してしまう日々。

自分から天才が生まれるわけがないと分かっていても、悪い点を取ってくると、チクチク言ってしまいます。

 

「中学受験をするには、覚悟が必要」と言われますが、親子共に「勉強する」「勉強させる」「スケジューリングする」等々、覚悟の意味が徐々に分かってきたような気がします。

 

現在、娘は4年生なので、勉強に追われる日々があと3年弱も続く…。果たしてモチベーションは保てるのだろうか?

 

 

突然、

「最近、塾の勉強ばっかりで楽しいことが何もない…」と呟いた娘。

 

これはまずい気がする!!

勉強ばかりじゃ誰だってストレスがたまります。ましてやまだ4年生なのだから。

 

大掛かりなイベントを企画する必要はないけれど、受験生の日常に小さな楽しみを散りばめてあげないといけません。

 

そこで考えたのが、間もなくお誕生日を迎える娘のお誕生日会♪

ラッキーにも小学校の開校記念日があり、平日にお休みがあったのでそこで決行♪

 

f:id:niyankichi:20190604132823j:plain

 

娘の仲良しさん2人をお呼びして、ケーキ作りをしたり、サンドイッチパーティをしたりして、楽しい時間を過ごしたのでした。 

 

f:id:niyankichi:20190604132853j:plain

 

ケーキ作りに関しては、手を出したくなりましたが、そこをグッとこらえます。

 

4年女子は、クリームの塗り方を試行錯誤していて可愛かったです。

上手に塗れたと思ったら、小2弟がいじってしまい「あ~っ!」という悲鳴のような声も上がっていました。

 

なんとか完成し、ホッと一息。

 

ティータイムに、自分たちで作ったケーキを食べて大満足していました。

 

 

娘のお誕生日会に来てくれたお友達には、サンキューギフトとして、『すみっコぐらし』 風のアイシングクッキーを作りました。

 

f:id:niyankichi:20190604133553j:plain

 

お誕生日会に来てくれたお友達、どうもありがとう。

 

 

そして、そして、娘は、

「こんなに楽しかったのは久しぶり~♪」

 

(母、嬉泣)

 

お誕生日会やってよかった…。

 

 

中学受験、5年6年になっても今と同じようにはできないかもしれませんが、4年の今、時々思い切って楽しみを優先してあげることも必要かもしれません。

 

勉強をさせないと上位クラスを維持できない焦りから、親はつい「勉強しなさい」と言い続けてしまいますが、時々ゆるっと過ごす時間や、どこかにお出かけすることもメリハリになっていいのかなと思います。

 

空いた時間に公園遊びをしたり、お友達家族と一緒に夕飯を食べたり、ドラマを見たり、スイッチをしたり、そんな些細なことでも満足するようです。

 

受験生&受験生母、かんばりましょ~♥

リバティ風のアイシングクッキー&リボン模様のアイシングクッキー

久々に描いてみました、リバティのような花柄とリボンのアイシングクッキー。

並べてみると華やか♪

 

f:id:niyankichi:20190517134413j:plain

 

生成りのベースにウェットオンウェットで花やリボンを描き、表面が乾いたら筆を使ってアウトラインを引いていきます。

 

失敗しちゃったなと思っても、アウトラインが全体を引き締めてくれるので、模様いっぱいのとてもゴージャスなアイシングに見えるから嬉しい!

 

f:id:niyankichi:20190517134836j:plain

 

淡い色から濃い色へ。色を重ねていきます。

だんだん仕上がりに近づいていくのがとても面白いです。

 

f:id:niyankichi:20190517135221j:plain

 

同じような花でも、小さく描くか大きく描くかでだいぶ印象が変わります。

 

f:id:niyankichi:20190517135602j:plain

 

続いてリボン模様。ピンクのアイシングクリームでリボンの形を描きます。

 

ウェットオンウェットは、ソフトのクリームを塗ったベースに、ソフトのクリームを重ねるので、ぼんやりした絵柄ができますが、これまたアウトラインを引くことで、完成度がぐんと上がります。

 

見た目ほど難しくないリバティ風&リボン模様のアイシングクッキー。

ハードのクリームやパールを飾ると一層華やかに!

 

たくさん描くと疲れてしまいますが、プレゼントなどにも最適なのでおすすめです♪